【相棒18】青木が拉致!?第12話あらすじ完全ネタバレでご紹介します!

ドラマ「相棒season18」の第12話では、サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介さん)が拉致されたとの予告が…!?

まさか青木が拉致されるなんて!?という予告に、1月15日の放送を楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか?

今回は、「相棒season18」第12話のあらすじや、ストーリー完全ネタバレでご紹介します!

まさか青木が拉致された!?第12話のあらすじをご紹介します!

(出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0012/)

コンピューターの専門知識が豊富でハッキングなどの能力は高いけど、口が悪く、いつも皮肉ばかり言う青木。

確かに性格に難ありで、嫌われやすい…が、拉致されるなんて。

一体何故なのか?

早速見ていきましょう!

青木くんがなんで拉致されたんだろう!?

 

あらすじ

サイバーセキュリティ対策本部の土師太(松嶋亮太)が、青木(浅利陽介)に頼まれたと言って、右京(水谷豊)に本を返しに来た。

貸した覚えのない右京は事情を探ると、青木が無断欠勤している上、外部から警視庁のデータベースにアクセスしていることが判明。

昨年、神田北署の管轄で起きた事件を調べていることが分かる。

不穏な空気を感じ取った右京と亘(反町隆史)は、刑事部長の内村(片桐竜次)に青木が拉致された可能性を報告。

捜査一課の伊丹(川原和久)芹沢(山中崇史)も加わり、内密な青木の捜索が開始される。

捜していることが犯人に漏れないようにしつつ、まずは犯人の目的を知るべく神田北署を訪れる右京と亘。

目的を告げずに昨年の「なにか」の資料を探す特命係を不審に思った刑事課の係長・後藤(津村知与支)は、赴任したばかりの若手刑事・木村(中村優一)に、右京たちを見張るよう指示を出す。

そんな中、青木がアクセスを試みているのが、暴力団幹部が刺傷を負った事件だと判明し…。

警察情報を引き出そうとする犯人の目的は?

凶悪な相手に捕らわれた青木に命の危機が迫る!

右京と亘は正体不明の犯人を突き止められるのか!?

(引用:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0012/)

第12話のゲスト・キャスト

津村知与支さん

(出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0012/)

神田北署・刑事課の係長 後藤嗣昌・役

 

中村優一さん

(出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0012/)

神田北署刑事課の刑事 木村信士・役

第12話を完全ネタバレでご紹介します!

(出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0012/)

第12話では、青木が拉致されているのではないか!?というところから始まります。

人に対し皮肉しか言わず、保身のためなら警察の機密情報などサラッと暴露しそうな青木…

一体どんな展開が待ち受けているのでしょうか?

 

オープニング

普段から青木と犬猿の仲(?)であるサイバーセキュリティ対策本部の土師太(松嶋亮太さん)が、特命係のところへやって来ます。

土師は青木(浅利陽介さん)から「杉下さんから借りていた本を今すぐ返して来てほしい」と頼まれ、”蟻地獄図鑑”を持って来たのです。

この”蟻地獄図鑑”に見覚えのない右京さんは、すぐに青木に何かあったのだと察知。

青木が現在無断欠勤していて、冠城が電話するも携帯も繋がらない。

いつもならここで、サイバーセキュリティ対策本部の青木が調べたりするのですが…今回はその青木が拉致。

よって今回は青木と犬猿の仲(?)である土師が、その役に(笑)

青木と似た性格の土師は、

「僕には関係ありませんから。」

と言って調べようとしない土師に、冠城が「青木ならこの程度のことちゃっちゃと調べられるのに、君には難しいか〜。」など、わかりやすく挑発し、それにまんまと乗せられちゃう土師。

あまり青木と変わらない扱いを受けていました(笑)

そして土師の調べで、青木が警視庁のデータベースに外部からアクセスしていることも判明。

青木がアクセスしていたのは「神田北署2019年発生事件捜査資料」

しかもパスワード解析に苦労している 時間をかけている

そこで青木の自宅を尋ねるといつも通りの出勤

自宅マンション近くの木の陰に青木のカバンが落ちているのを発見。

 

青木年男の拉致が決定的に!捜査開始!

犯人が青木を拉致した目的は?

サイバーセキュリティ対策本部に所属する青木の拉致となれば、警察の内部データを入手することが目的なのでは!?

それを聞いた内村刑事部長は「情報が漏れる前に青木のアクセス権停止をしろ!」と。

ですが、すかさず右京さんが「それは危険です。もしアクセス権を停止したなら青木は不要、殺されるかもしれない。」

それに対し、伊丹さんと芹沢さん:「あの青木のことだから、自分の身を守るためなら機密情報もホイホイ渡すかもしれない。」

右京さん:「あの青木くんですよ?素直に言うことを聞くとは思えません。」

冠城:「実際右京さんが異変に気付くよう、こうやって電話して来ている。あれやこれやと屁理屈並べて電話できるよう説き伏せたんでしょうけど。」

”あぁ〜”と、全員が納得。

内村刑事部長:「目的を果たしたら青木は用無しで殺される…?それは世間からのバッシングの嵐…秘密裏に事件を解決しろ!」

 

特命係に同行者?

伊丹さん、芹沢さんはいつものごとく、目撃情報の収集だ!と出て行きました。

青木が、外部からアクセスしていたのは「神田北署2019年発生事件捜査資料」のファイル。

ということは神田北署内で起きた何らかの事件の関係者が犯人なのか…?

右京さんと冠城は神田北署へ。

そこで管内で起きた事件の資料や部屋を手配してくれたのは、赴任して半年の刑事課の木村巡査(中村優一さん)。

実は木村巡査は刑事課の係長・後藤(津村知与支さん)から、「本部が何を調べているのか気になるから、木村も特命係に同行しろ」と命じられていたのです。

同行したいと申し出る木村巡査に、右京さんは「君も色々事情があるでしょうからねぇ」と木村巡査の同行が決定。

 

①金狼会幹部刺傷事件

青木が外部からアクセスした事件ファイルがわかり次第、連絡するように言われていた土師から連絡が入ります。

青木が最初にアクセスした事件は【金狼会幹部刺傷事件/担当後藤】

被害者は金狼会幹部の広瀬という男で、女性の家に行こうとした途中、銀龍会の構成員に刺された事件。

指紋のついた凶器を持って出頭してきたのは、銀龍会の構成員・相良治夫。

物証を持って自供した相良を逮捕、送検し、調書上は何もおかしな点はない事件でした。

青木がアクセスしたことにより右京さんたちが調べ直しましたが、特に調書との違いは見付からず。

 

(ここで右京さんが、土師に何かをお願いしています。)

 

②千代田区男性会社員重過失致死事件

次に青木がアクセスした事件ファイルは【千代田区男性会社員重過失致死事件/担当後藤】

加害者:石井直久

被害者:千葉義人

事件当日石井は、息子が事故にあい意識不明で運ばれたとの連絡を受け、職場から慌てて病院へ向かっているときでした。

階段を横並びで上がっていた3人のうちの一人の千葉さんを、急ぐあまりに押しのけて階段を駆け上がってしまった石井。

その弾みで千葉さんは転落し、後頭部を強打したことにより死亡。

加害者本人も押しのけた手の感触を記憶していて、認めたためそのまま逮捕されました。

事件現場には防犯カメラもなく、犯行を裏付けるものは何もない。

加害者の自供のみで送検されました。

判決に対し控訴しなかったのは理由はどうであれ、未来ある若者の命を奪ってしまったことは事実だから。

きちんと償いたいと思っているから、という石井の思いからでした。

 

青木がこの事件のファイルにアクセスしたことにより、右京さんたちは改めて事件を調べてみることに。

そして事件現場近くに設置された防犯カメラには、被害者の千葉が同僚らにパワハラしているシーンが残されていました。

気が動転していた石井に、パワハラを受けていた同僚2人が罪をなすりつけた可能性があるのではないか?と、冠城。

そして、その防犯カメラ映像にはタクシーが通過しているところが…。

それに気づいた右京さんが、タクシーのドライブレコーダーを、と言ったところで木村巡査が駆け出して行きました。

そしてタクシーのドライブレコーダーをチェックしたところ、事件の瞬間の映像が残されていました。

この事件が冤罪ではなく、間違いなく重過失致死事件だという証拠映像。

そして、この事件で現在居所がわからない人が1人。

それは石井直久の息子、石井琢也、大学3年生。

 

③警察庁神田北署ゴトウツグマサ

青木が次にアクセスしたのは【警察庁神田北署ゴトウツグマサ】のファイル。

青木がアクセスするのは後藤係長が担当の事件ばかり…と思っていたら大本命!

本人のファイルにまでアクセスが…!

やっぱり今回の青木の拉致事件には、後藤さんが関係しているのか?!

 

右京さんから土師にお願いしていた件とは?

右京さんが土師さんに「お願いしていた件は準備できましたか?」

土師:「もちろん、できてます♩」

右京さん:「では、お願いします。」

 

青木が触っているPCに”無題”のファイルが表示。

それを青木がクリックすると…

大きな警告音とともに

WARNING!あなたのパソコンがウイルスに感染しています!

 

実はこの感染ファイルは右京さんが土師にお願いして仕込ませたもので、クリックすると現在地が特定されるウイルスだったのです。

そして表示された現場に右京と冠城が駆けつける…。

 

石井琢也、確保!青木は無事なのか!?

死んだように転がっている青木に冠城が駆けより、何度も呼びかけ肩を叩く。

だが反応はない…と思いきや、

「…青木はもうちょっと寝させてくださいよ!僕はずっとろくに寝てないんで。」と、寝ているだけだった。

何とも青木らしいオチでした(笑)

 

青木を拉致した犯人はだれ?

タイトル:(無題)

無関係な警察官を殺してしまいました。

死んで償いたいと思います。

石井琢也

 

このメールを受け取った木村が、慌てた様子で現場に駆けつける。

現場にいた右京さんたちを見て「どうして杉下さんたちが?」

冠城「今頃ちょうど取り調べが始まった頃だろうなぁ。」

 

あのメールは青木が木村宛に送ったものだったのです。

青木:僕を利用したこと一生恨み続けますよ。

木村:2人とも生きていたんですね。いつ気づいたんですか?

 

右京さんたちが犯人に気づいたのはいつ?

特命係が神田北署に伺ったとき、まるで誘導するように署内に誰か我々に調べて欲しい人がいるんだなと感じたこと。

そこに君がやって来て同行させてほしいと言ってきたこと。

石井直久の重過失致死事件について伺った際、現場が写っている防犯カメラはなかったとすぐに答えたこと。

石井の事件には最後まで関わっていなかったと言っていたのに、すぐにそのような回答ができたのは、石井が送検された後も調べていたからですね?

 

はい、僕は石井ははめられたんだと、冤罪じゃないかと思っていた。

だけど途中で他の事件に回された。

それが①金狼会幹部刺傷事件。

指紋なんて一度拭き取ってしまえば、またすぐに指紋をつけられます。

どう考えても相良は身代わり出頭に違いないのに、署長が無駄な時間とお金を費やすな!と言い、すぐに相良を送検してください、と。

後藤係長もその指示に従った。

(そんな後藤係長の態度は)僕には怠慢にしか思えなかった。

そんな時に退院した石井の息子が、もう一度調べてください!証拠を見せてください!と署に言いにきたんです。

あの父が、あんなに優しい父が人を死なせるほど突き飛ばしたなんて思えない!

なんでもしますから父の無実を証明してください、と。

 

後藤係長が証拠を隠蔽?青木が拉致された理由は?

石井を送検後も、後藤係長は何かを調べていた。

証拠があるなら息子さんに見せてあげてください!とお願いしたけど、「もう終わった事件だ、何を調べる必要がある?」と見せてはくれなかったこと。

後藤係長は、きっと何か掴んでいるんだ…

本当は冤罪だから隠しているに決まっている!と木村巡査は思ったのです。

でも自分には捜査資料へのアクセス権がないから、サイバーセキュリティ対策本部の青木を使って捜査資料を見ようと思い立った。

そして青木を拉致し、利用した。

これが青木が拉致された理由だったのです。

 

事件の動機は?

「でも重過失傷害致死罪ですよ。

故意に死なせてしまったわけではない。

それでも人の命を奪った事実は、加害者のその後の人生を大きく左右する。

だからこそ全てを明らかにするべきなんです。」

これが木村巡査の動機、そして言い分でした。

 

あなたは警察官として、過ちを犯しています。

一人の若者を巻き込んで犯罪者にしたんですよ!

 それなのに石井琢也さんは君をかばっている、今も…
”あくまでも自分一人で考えてやったことだと言い張る気か?”
石井琢也「本当のことを言っているだけです。」
石井琢也さんに罪を犯させたのは自分だ、と自覚しているからメールを見てすぐここに来たのではないですか?
最後に一つだけお願いしていいですか?と木村巡査から右京さんたちへお願いが。
後藤係長が担当していた①金狼会幹部刺傷事件を調べ直して欲しいということでした。
そして相良ではなく、真犯人の辰巳の逮捕へ。
木村巡査の警察手帳には真犯人の辰巳のことを、くまなく調べていたことがビッチリ書かれていました…

まとめ

(出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0012/)

2019年2クール連続放送の「相棒season18」の第12話では、サイバーセキュリティ対策本部の青木が拉致された!?

まさかの青木拉致事件の完全ネタバレをご紹介しま下が、いかがだったでしょうか?

ドラマ「相棒season18」の第12話では、人気レギュラーキャストの青木(浅利陽介さん)が自宅マンション近くで拉致されました。

しかも相変わらずの皮肉たっぷり言葉巧みに話すことで、拉致された中でも電話をかけることに成功し、拉致されたことを右京さんたちに知らせたのはさすがでしたね。

しかも最後には、あのウイルスなんでもっと早くに仕込んで助けてくれなかったんですか!?わざと!?という青木の問いに対し、右京さんもそれを認めていました(笑)

いつもは青木を「出戻り」とバカにするくらいしか登場しなかった土師の活躍に驚きでした。

そして青木と張り合うだけあって、ひねくれた性格は青木と遜色ありませんでしたね。笑

拉致されたのに相変わらずの減らず口な青木にも驚きだよね!
最後は右京さん楽しんでいた気さえしたよね(笑)

 

【相棒18】青木が拉致!?第12話あらすじ完全ネタバレでご紹介します!
最新情報をお届け♡
error: Content is protected !!