【相棒18】船越英一郎が犯人?初回第1話スペシャルのネタバレと感想をご紹介*

2019年10月9日21:00より「相棒season18」が始まりました!

今回は初回放送前に船越英一郎さんのゲスト出演が発表されていましたね^^

サスペンスの帝王と言われている船越英一郎さんのゲスト出演とだけあって、「崖での対決!?」などSNSでも話題となっていました。

サスペンスの帝王・船越英一郎さんは、いつもは追い詰める側で犯人側ではないんですけどね。笑

初回放送は放送時間が拡大され、前編・後編合わせて3時間となる気合の入った初回第1話スペシャル「アレスの進撃」となっています。

そんな初回第1話スペシャル、「アレスの進撃」のネタバレや感想についてご紹介したいと思います*

「相棒18」船越英一郎が犯人?初回スペシャル「アレスの進撃」ネタバレ感想!

(出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0001/)

初回スペシャルに出演の豪華キャスト陣は?

*岩田純・・・船越英一郎さん

船越英一郎さん演じるのは、陸上自衛隊の特殊作戦群に所属していた元・レンジャー隊員の岩田純。

右京さんが失踪した天礼島を活動拠点として、日本とロシアの交流を目的としている財団法人「信頼と友好の館」に熱中している娘・ミナ(北香那さん)を取り戻すために島を訪れます。

そこで娘を取り戻すため次々と殺戮を…!?

 

*片山雛子・・・木村佳乃さん

元・内閣官房副長官の元衆議院議員。

長年外務大臣を務めた父の地盤を継いでいるために初当選から一度も落選しておらず、若手ながら有望株。

映画版では父親の不祥事すら公表する姿勢を見せたことで、世間からは清廉潔白(せいれんけっぱく)の印象を持たれています。

とあるテロ事件で内閣官房長官が殺害されたため、責任を取る形で議員辞職。

ただ、辞職後も政界への野心は全く失われておらず、次期総選挙での政界復帰を視野に入れています。

”出家”というパフォーマンスによって世間の注目を集めるという思惑から、仮出所した瀬戸内のもとを訪ねて得度式を依頼し、尼僧「妙春」として出家。

でもそれは、あくまで政界復帰のためのパーフォーマンスでしかなく、政界復帰への野心が消えたのではありません。

 

*甘村井留加・・・団時朗さん

天礼島を拠点として活動している財団法人「信頼と友好の館」の設立者で代表。

帝政ロシア時代に島へ移り住んだロシア人の子孫であり、今は財団に集まった若者たちを館に住まわせ、悠々自適な暮らしをしています。

 

*ミナ・・・北香那さん

船越英一郎さん演じる岩田純の娘で、元・難民救済ボランティア。

日本とロシアとの交流を目的とした財団法人「信頼と友好の館」に身を寄せ、仲間と天礼島で共同生活を送っていましたが、父親に連れ戻されまいと逃げ回っています。

 

初回放送前の公式あらすじは?

初回放送前に公開されていた情報については、こちらの記事にまとめています。

初回第1話スペシャルの詳しいネタバレは?

10月9日(水)21時から放送された初回スペシャルはどんな内容だったのでしょうか?

後編は10月16日より放送がありますので、ここでまとめておきましょう^^

 

ことの始まりは右京さんの失踪

右京さんが恒例のロンドン旅行から帰国して一週間も経つというのに、無断欠勤が続き、電話も繋がらなくなって1週間。

それぞれ右京さんの身を案じるもの、このまま消えてしまえば…とほくそ笑むもの、様々なリアクションです。

心配だよね。 携帯も繋がらないなんて・・・
むしろ1週間もそのままなんて 右京さん心配だよ〜!!!

すると、秋田県の海岸に右京さんのスマートフォンが漂着。

きっちりと防水されており、何者かが海に流したことは明らかです。

では何のために?

このご時世に何故この確実ではない方法で流す必要があったのか?

右京さんは無事なのか!?

 

北海道の北に位置する日本最果ての離島“天礼島”へ

(出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0001/)

右京さんのスマートフォンが秋田県の海岸に流れ着いたということで、潮流を計算し、北海道付近に浮かぶ“天礼島”から流されたものではないかとの予測が。

そこで”天礼島”への飛行機の搭乗記録などを調べたところ、「杉下右京」の名前を見つけ、冠城はすぐに”天礼島”に渡ります。

島に渡ってすぐ、男が若い女性を引っ張って無理矢理連れ去ろうとしている現場に遭遇。

何とか男から女性を引き離し、拉致は防ぐことができましたが、その男はそのまま姿を消してしまいます。

すると、その女性・ミナ(北香那)は日本とロシアの交流を目的とした財団「信頼と友好の館」のメンバーで、無理矢理連れ去ろうとしていたのはミナの父親・岩田(船越英一郎さん)だったとのこと。

岩田は陸上自衛隊の特殊作戦群に所属していた元・レンジャー隊員で、甘村井(団時朗さん)という男が代表をしている財団法人「信頼と友好の館」を怪しく思い、ミナを連れ戻しに来ていたのだ。

島に到着早々そんな場面に遭遇した冠城は、岩田の存在が何か気になりつつも、右京さんの行方を捜索を始めることにしました。

「信頼と友好の館」のメンバーにも右京さんを知らないか尋ねますが、全員「知らない。」との返答。

代表の甘村井からの提案で、右京さんの写真を尋ね人として「信頼と友好の館」の掲示板に貼り出しました。

そして冠城と「信頼と友好の館」のメンバーは別れます。

冠城が去った後、「信頼と友好の館」のメンバーは次々に焦り出します。

「やばいじゃん!」 「まさか尋ね人が来るなんて!」 「何でここがわかったの!?」と…。

 

冠城が”天礼島”で右京さんを捜索していた同じ頃…

(出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/cast/)

元・代議士の片山雛子(木村佳乃さん)も北海道の洞爺湖に…。

今は出家し、比丘尼“妙春”ことなっていますが、今も議員返り咲きを狙っていて今回も何か企んでいるようです。

 

異様なアザラシの死骸

冠城は島の海岸にアザラシの死骸が頻繁に流れ着いていることを知ります。

しかも、ただ打ち上げられただけの死骸ではなく、切り裂かれたり縫われたりしている状態の死骸です。

しかもこの件を右京さんも調べに来ていたことが判明。

一体この島で何が起こっているのでしょうか?

 

「信頼と友好の館」で殺人事件が発生!

そんな中、「信頼と友好の館」で殺人事件が発生。

被害者は代表・館長の甘村井で、素手で一撃で締め上げられ殺害されていました。

素手で一撃ということから、元・レンジャー隊員だった岩田に容疑がかかります。

ミナの話によると、岩田は昨夜、ミナを連れ戻しに再び「信頼と友好の館」に現れ、「俺から逃げられると思うなよ!」 と岩田が館長に詰め寄っていました。

それを見たミナは怖くなり、仲間たちに協力してもらい、崖下の小屋に逃げていたのです。

 

右京さんと冠城の再会

島の駐在さんに呼ばれて「信頼と友好の館」に呼ばれた冠城は、やっと右京さんと再会。

1週間以上も音信不通だなんて、と問い詰めるも右京さんは「竜宮城でめくるめくる時を過ごしていた」と自分の状況をいまいち覚えていなかったのです。

何故覚えていなかったのか…

 

キノコ・ロシアンルーレット

冠城はミナに「どうして最初に会ったとき、右京さんのことを知らないと嘘をついたのか?」と尋ねます。

1週間前に島の海岸でアザラシの死骸を調べていた右京さんと出会い、「信頼と友好の館」に招待し夕食を食べた際、誰かがイタズラで幻覚作用が出る可能性があるキノコ・ロシアンルーレットの粉末を混ぜてしまった…。

キノコ・ロシアンルーレットは人によって効いたり効かなかったりする事があり、その名の由来となっているくらい症状は人によるとのこと。

右京さんは思った以上に効き目が強くて長く、誤魔化している内に1週間も経ってしまっていたと。

冠城が尋ねてきたときもまだ効いていて、正常では無かったのでとても本当のことは言える状態ではなかったために嘘をついた、と答えました。

右京さんのスマートフォンを流したのもミナで、メンバーに面と向かって意見することが出来なかったので、せめてもの罪滅ぼしに…気休めにしかならないけど…この方法を取ったのだった。

そして、冠城がコーヒーでを飲もうと提案。

その際使ったコーヒーカップを持ち帰り、鑑識にこっそりミナの指紋を調べてもらうことに…。

 

連続殺人事件へと発展

ミナの案内で集会場を調べてみると、若い男性2人の遺体を発見。

2人も甘村井と同じように一撃で殺害されていました。

「まだ犠牲者がいるかもしれない…」と右京さんは捜索を続けます。

そして、キッチンの収納棚に隠れていた橘禾怜(加弥乃さん)を発見。

禾怜からミナが逃げた後の事を聞くことができました。

岩田と館長が揉めて物音がした後、館長が引きずられていく様子を目撃。

館長が死亡しているのを発見したあと岩田に見つかり逃走、今の今まで隠れていたのだ。

隠れている時に岩田が「死にたくなければミナの場所を言えーーー!!!」と叫んでいたこと、一緒に逃げた大西玲二(内山遥さん)を締め上げているような物音が聞こえたことを話しました。

そして、冷蔵庫から大西の遺体が発見…

またしても一撃で殺害されていました。

禾怜は棚に隠れた際に意識が朦朧として、恐怖に怯え、時間の感覚もなくそのまま棚の中で寝てしまっていて、気がつくと朝になっていた、と。

さらに館は電波の状況が悪く、全員が携帯を使っての通報や助けは呼べない状況だった。

圏外ということもあり、残りの2人が生存している可能性を信じて…捜査を続行する右京さんと冠城。

 

岩田と右京さん対峙!?

岩田は宿泊先でミナの小さい頃の写真を眺めていると、そこに右京さんと冠城がやってきた。

そこで岩田に「殺人の容疑が掛かっている」とことを告げる。

岩田は驚きの表情を見せ…

 

北海道警の捜査員たちが宿泊先に着く頃には岩田はすでに発った後。

実は殺人の容疑がかかっていることを告げた後、右京さんと冠城が連れ出していたのです!

 

右京さんと冠城が岩田を連れ出す…犯人は他にいる!?

殺害方法などからして現場は犯人は岩田だと示しているのに、なぜ右京さんと冠城は岩田を連れ出す必要があったのでしょうか?

誰かが岩田を陥れようとしているのか?

それを疑い、右京さんたちは先回りして岩田を保護したのか!?

もしくは、やはり岩田が犯人で話を本人から聞きたいから連れ出したのか?

本当に岩田が犯人何でしょうか?

片山雛子が近くにいる理由は?

衝撃のラストとは何でしょうか!?

気になりすぎる!!

 

アレスとは?

初回第1話スペシャルのタイトル「アレスの進撃」

アレスとはギリシア神話に登場する戦を司る神のことです。

戦闘時の狂乱を神格化したもので、恩恵をもたらす神ではなく、荒ぶる神。

「城壁の破壊者」という名もあり、性格も粗野で残忍、かつ不誠実。

「相棒18」Twitter番宣での企画はテレビ電話!?

10月9日(水)より始まった「相棒season18」ですが、初回放送前より気合の入った番宣がありましたね^^ まずはどんな番宣兼ねた企画があったのか、みていきましょう!

公式Twitterで杉下右京・行方不明の【捜査協力のお願い】

「相棒」公式Twitterでは、「杉下右京が失踪したので、捜査協力してくれませんか?」とのツイートが…。

(現在はすでに杉下右京は発見されたため、解決とされています)

そして記載URLにアクセスすると…

冠城亘や角田課長からテレビ電話がかかってきて、応答すると「右京さんが行方不明だから、協力して探して欲しい」との内容で、本当に冠城亘や角田課長とテレビ電話しているかのような疑似体験ができます。

そして右京さんが見つかった今、記載URLにアクセスすると、今度は【捜査協力のお礼】の電話がかかってきます。

そして、このテレビ電話では無事に発見された右京さんも登場。

右京さんの独特な「どうもありがとう。」という言葉も聞けますよ^^

冠城亘から着信、杉下右京も登場…なかなか出来ない体験で面白いですよ*

 

第2話の放送日は?

第2話の放送は10月16日(水)21:00〜21:24
「アレスの進撃~最終決戦」
楽しみですね!

まとめ

(出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0002/)
2019年10月9日より始まった「相棒season18」の初回第1話スペシャルのネタバレと感想のご紹介でした^^
初回第1話スペシャルのゲストは船越英一郎さん。
船越英一郎さん演じる岩田が犯人ではないかと疑われる要素が沢山の回でしたが…
終盤には真犯人が他にいるのでは?と思うような箇所もあったりと、第2話の放送が見逃せませんね!
ネタバレと感想、いかがだったでしょうか?
次回、第2話「アレスの進撃~最終決戦」の放送は、10月16日(水)21:00からです。
第2話にももちろん船越英一郎さんが登場しますので崖が登場するのかにも期待です!笑
最新情報をお届け♡
error: Content is protected !!